住宅型有料老人ホームの問題点は?

老人ホームにはさまざまな形態があります。
住宅型有料老人ホームとは一体どのようなものでしょうか?

「住宅型有料老人ホーム」は一言で言うと「介護付き」ではない施設を指します。
介護を行うことを前提とした施設ではなく、要介護認定を受けておらず、一人で身の回りのことが出来る高齢者のための老人ホームです。
食事などのサービスはついており、普通暮らすことの出来る人には問題ありませんが、介護師が常に傍ついていないという不安はあるかもしれません。

最近では、利用者を得るために、住宅型老人ホームでありながら介護専門のスタッフを常駐させる施設も増えてきています。
そのため、介護付き有料老人ホームとの区別が曖昧になっているという問題点が出てきました。
また、受けているケアが介護保険に基づくものなのか、保険外のケアなのか明確でないため、費用負担がはっきりしないということも問題になっています。

カテゴリー: お年寄りと暮らす   パーマリンク

コメントは受け付けていません。