ボーナスは何割を貯金するのが一般的?

年に2回のボーナス、多くはローンの支払いや旅行費に当てたり、欲しかった物を購入したりと使い方は人それぞれです。
しかし、せっかくのボーナスを貯金に当てたいと思う方も多いのではないでしょうか?
そこで気になるのが「皆は何割を貯金に当てているのか?」という一般的な割合です。

それについては、賞与や賞与金といったボーナスを貯蓄に当てる方の場合、ボーナスの約50%を預金に回すという方が最も多いようです。
次いで10%~30%、80%程度、全額という順になっており、男女を比較してみると男性に比べ女性の方が預金に当てる割合が若干高いようです。何割を貯蓄に当てるのかは、貰える金額や家族構成によっても異なりますが、全く預金には当てないという方も全体の約10%はいらっしゃいます。
少しでも蓄えを増やしたいと考えるのか、せっかくの機会だからと買い物に当てるのか、また普段からきちんと貯蓄している方とそうでない方によっても異なるでしょう。

カテゴリー: 倹約家を目指せ   パーマリンク

コメントは受け付けていません。