共働き夫婦、妻の生命保険は必要か?

結婚してから必ず行う必要があるものに、生命保険の加入と見直しがあります。
生命保険は貯金と同じような物だと思っている方もいらっしゃるかとは思いますが、実際には全く異なる物です。

生命保険に加入するときは、どうしても保障内容を充実させたいという事に気が行ってしまいがちですが、その分保険料も上がってしまう事を忘れてはいけません。必要な保障は、お子様の人数や年齢によっても異なります。万が一、どちらかが先に亡くなってしまった場合、残った家族が生活に困らない最低限の保障額を担当の方と相談して決めると良いと思います。

一般的にはご主人の保険について重要視しがちですが、共働き夫婦の場合には、奥様の保険にもしっかり目を向ける必要があります。なぜなら現在の日本の公的保障では、ご主人が亡くなった場合に比べ、奥様が無くなった時の保障が薄い傾向にある為です。今まで奥様の給与で助かっていた分がなくなり、お子様の学費や将来に備えた貯蓄をご主人1人のお給料で賄わなければならなくなます。
一度、ご家庭の保険内容を見直してみてはいかがでしょうか?

カテゴリー: 倹約家を目指せ   パーマリンク

コメントは受け付けていません。