照明をつけていてもできる電気代の節約方法

電気代を節約するにしても、夜はどうしても照明は必要になってしまいます。
いくらなんでも真っ暗な中で過ごすわけにはいきませんので、照明をつけていてもできる節約方法をご紹介したいと思います。

まず一番手っ取り早くできるのは、100%の灯りにしない事です。
調光機能がある場合はもちろん、通常のご家庭で使用しているような照明も、差支えが無ければ1つ落とした灯りにしてみましょう。照明器具の傘に溜まったホコリをお掃除すれば、明るさも増します。
さらに、白熱電球を使用している場合は、電球型蛍光ランプに変える事によって節約となります。これは白熱電球に比べ、蛍光ランプが5分の1も少ないワット数で済むうえ、寿命も蛍光ランプの方が6倍も長いためです。灯りの雰囲気や使用場所等、家の中で蛍光灯に変えても問題がない箇所は全て変えてしまった方が長期的に見てもお得です。

ただ、家中の灯りを一度に変えてしまうと一時的な出費がかさんでしまいますので、雰囲気や使い具合を確認したうえで、順次交換していくと良いと思います。
100円ショップのダイソーでも電球のソケットに装着できる蛍光灯が販売されているので、試してみるのもいいでしょう。

カテゴリー: 倹約家を目指せ   パーマリンク

コメントは受け付けていません。