新婚の家賃の目安は収入の○○%

結婚して一緒に住むための新居探しは、いろいろな物件の間取り図を見たり、新生活に思いをはせたりと、忙しいながらもとても楽しい期間となるでしょう。

新婚夫婦の場合、家賃の目安は収入の30%以内だと言われています。ただ、これはあくまでも目安ですので無理に30%に合わせる必要はありません。
ただでさえ新生活には何かとお金がかかり、日用品を全て揃えたつもりでも、しばらくの間は足りない物を買い足す事が多く、出費がかさむ物です。新婚さんともなれば来客も多くなるでしょうし、頂いたお祝いのお返しや、お子さんができたら産婦人科に通う病院代、マタニティー用品を買う等、さらに出費が増える事でしょう。

共働きご夫婦の場合でしたら、出産や育児に伴って奥様が育休や産休を取ったり、会社を退職されたりすれば、家賃の負担も大きく変わってきます。
また、会社や地域によっては家賃補助を受ける事ができる場合がありますが、初めから補助の金額を計算に入れるのは良くありません。月収と家賃を冷静に比較してみましょう。

カテゴリー: 倹約家を目指せ   パーマリンク

コメントは受け付けていません。