繰り上げ返済のデメリットとはなんでしょう?

最近テレビCMなどでもよく耳にする繰り上げ返済ですが、その方法には大きく分けて2パターンあります。
借入額の一部を返済する方法と、借入額を全て返済してしまう方法です。

この繰り上げ返済では、当初の計画より利子が減る可能性があったり、借入額が減る事に合わせて月々の返済額が減ったり、または期間が短縮される事がメリットです。住宅のような高額なローンともなると、その利子だけでも高額なものとなってしまいます。

しかし、利子が減る可能性があるのであればとメリットだけにとらわれてしまうのは大変危険です。なぜなら、貯蓄を一度に減らす事になってしまうからです。これは繰り上げ返済の大きなデメリットだと言えます。
また、後に借換えが必要になった時でも、返済期間が短縮されていると借換えがしにくくなるといったデメリットもあります。中には、繰り上げ返済を行ったことにより後々の大きな出費に耐えられず、さらに借入を行ってしまうというケースも見られます。

カテゴリー: 倹約家を目指せ   パーマリンク

コメントは受け付けていません。