扶養手当は共働き家庭ではどうなる?

結婚して配偶者ができた場合など、会社から扶養家族に対する手当が支給される場合があります。
この扶養手当は、会社によってはその取扱いが無い事もあれば、取扱いがあっても支給額が他社と異なる事があります。

支給額は、配偶者の扶養手当を例にとってみると、一般的には5000円から10000円の間が相場になっており、子供の場合は配偶者の手当よりも低く、1人につき数千円程度が一般的です。

しかし先に挙げた例は、専業主婦の妻が扶養家族として扱われているパターンです。共働きで奥様も自身の勤め先の健康保険に加入している場合は、ご主人の扶養家族とはならず扶養手当の対象外となります。
ご夫婦によっては、妻の勤め先の会社の扶養手当の方が充実しており、お子様を妻の扶養家族に変更したいという場合がありますが、一般的には収入が多い方を主たる扶養者としてみなすため、奥様の収入がご主人より多いか、若しくは、ご主人の収入が奥様の半分、または4分の1である場合に限定される事がほとんどです。
この規定については会社によって異なりますので、お互いの勤め先に確認されてみて下さい。

カテゴリー: 倹約家を目指せ   パーマリンク

コメントは受け付けていません。