単身赴任は経済的負担が大きいのか?

単身赴任で一番問題になって来るのが経済的負担です。
会社によっては家賃の全額、若しくは一部を負担してくれたり、単身赴任中の手当を支給する所もあったりしますが、妻や子供がいる家と赴任先との2つに生活する場を持つ事は、金銭的に負担が増える事に変わりはありません。月々の光熱費なども、単純計算で倍近くになると考えても良いでしょう。

近年では、単身赴任者とその家族の経済的負担やストレスに考慮し、家族を伴った転勤ができるように配慮する雇用者も増えているそうですが、それまで住んでいた家が持家だった場合などを考えると、経済的負担には変わりはないのかもしれません。
中には、家族を伴った転勤ではなく、自ら希望して単身赴任を選ぶ方も多いそうです。
いざ転居を伴う転勤となった場合にはお子様の年齢やそれまでの家族の生活状況、今後の金銭面を考慮する必要がありますが、辞令が出るのは2週間前、内示でも1か月前という企業が多く、あまりじっくり考える時間がないのも事実です。

カテゴリー: 倹約家を目指せ   パーマリンク

コメントは受け付けていません。