パート収入による納税の注意点とは?

パートで働く方が、給与収入を得る事により支払うべき税金は主に住民税・所得税があります。
パートでのお仕事を選ぶ方には主婦の方が多く、週に数回や短時間の勤務の方がほとんどので、生計を助けるには充分でも、パートの収入だけで生計を立てるのは難しいほどのお給料になっているはずです。

そのため、パートの収入で納税を行うのであれば、納税の対象とならない収入額まで労働時間を抑えた方が良いと考える方も多いのではないでしょうか。

住民税・所得税の両方が課税されないためには、収入を100万円以内に収める必要があります。また、本人が年額10万円以上の生命保険に加入している場合には、105万円以内にパートでの収入を収める必要があります。
とは言っても、収入を100万円以内に収めるように調整してほしいと、会社側へ投げたままではいけません。使用者へは100万円以内に収めたい旨を事前に相談した上、累計金額については自身でもしっかり管理するようにしましょう。

カテゴリー: 倹約家を目指せ   パーマリンク

コメントは受け付けていません。