windows7で節電するには?

パソコンを使わないのが一番使用電力が少なくて済むのですが、それでは仕事になりません。
せめてパソコンの設定を変更したり、使い方に注意して消費電力を少しでも少なくしましょう。

電源を切らずにスリープにしている人も多いと思いますが、どっちの状態の方が電力を使わないかというと、当然電源をオフにした方になります。
でも、その状態から起動させることを考えると、スリープから復帰する方が電気を使いません。
具体的には、Windows7のデスクトップPCの場合、席を離れるのが1時間40分以内であればスリープ。それ以上であれば電源オフをおすすめします。
Windows7ノートの場合、1時間50分です。

コントロールパネル→電源オプション→省電力を選択

上記の設定にすることで、スリープするまでの時間やディスプレイの暗くなるまでの時間が変更されます。

計画停電など、夏場の電力不足を受けて、マイクロソフトが簡単に省エネ設定に変更できるソフトを無償提供しています

http://support.microsoft.com/kb/2545427/ja

ディスプレイは普段から暗めに設定しておくといいでしょう。
また、スクリーンセーバーも電力を食うのでオフにしましょう。

コントロールパネル→デスクトップのカスタマイズ→個人設定→スクリーンセーバーの変更

使用時間の縮小も含め、電力の無駄遣いをしないようにしましょう。

カテゴリー: 電気代を節約する   パーマリンク

コメントは受け付けていません。