節電は何のためにするの?

東日本大震災後には、被災地の電力不足に対応するため、全国で節電の動きが出ました。
東京電力では節電のための計画停電も実施されていました。

このように現在の日本では重要になっている節電ですが、電気を節約することは、普段から行うことでも個人や環境への大きなメリットにつながります。
「節電は何のためにするの?」と疑問に思う人も多いでしょう。

節電の直接的な目的やメリットとしては、毎月の電気料金が低減できることにあります。
わずかな節約量でも、1年分に換算すればかなりの節約につながるのです。

また、間接的ではありますが消費電力を抑えることによって、二酸化炭素排出量を抑えるなど環境への配慮・貢献(省エネ)につながります。

電気の具体的な節約方法はエアコンの温度を上げ下げする、冷蔵庫の開閉を必要最低限にするなどさまざまです。
いきなり大幅な節電を目指さなくても、日常生活のほんのちょっとした点に注意するだけでいいのです。

カテゴリー: 電気代を節約する   パーマリンク

コメントは受け付けていません。