暖房費節約のポイントは窓にある

冬場の電気代に大きく影響するのがヒーターやエアコンといった暖房にかかる費用です。
エアコンではなく、ストーブの方が経済的といった方法もありますが、暖房費を節約するためには、暖房を使わずに済む環境を作る必要があります。

部屋の寒気は主に窓から入って来るものです。窓から外の冷たい空気が家の中に入り、入ってきた冷気は足元から部屋に広がります。
ですので、暖房器具をつけていてもこの冷気によって足元はなかなか温まりにくくなってしまうのです。実際に、家の室温は足元よりも天井に近い所の方が温度は高くなっているはずです。

この窓からの冷気を防ぐ方法として、断冷シートを窓に貼るという方法があります。最近では、断熱・断冷兼用のボードやシートがホームセンター等で販売されていますし、わざわざシートを買うのが勿体無いという事であれば、荷物の梱包等に使うエアークッションでも同じような効果が期待できるそうです。商品によっては貼付けるだけで室温が2度上昇するという物もあります。
また、もともとの部屋の気温が少しでも高い方が、暖房費の節約に繋がります。

カテゴリー: 倹約家を目指せ   パーマリンク

コメントは受け付けていません。