FAX代を節約!月額料金を抑え経費削減する方法

ファックスにかかるコストを抑える方法をまとめてみました!
いくつかあるのですが、ぐっと下げられるのは一番下の方法なので、ぜひお試し下さい。

通信速度を上げる
FAXは電話線を利用していますよね。通話時間が短いほうが通話料は安くなります。
送信元と受信先のFAX機のモデム速度が遅い方に合わせてデータが送信されます。遅いファクス機を使っていたら、通話料金が高くなってしまうということです。
普通はG3という規格なんですが、業務用はSuper G3通信で、3秒で一枚送れます。スーパーG3に対応したFAX機やソフトを利用すると、通信料が下がる可能性があります。ひかり電話の場合は、G3 FAXでないとうまく使えないようです。

「見てから印刷」を使う
流行のペーパーレスを実現すれば、インクのコストも削減できます。一番簡単なのは、「見てから印刷」などの機能のあるFAX機に変えること。受信データをモニターで確認できるので、必要なものだけプリントできます。さらに、「タイピングファクス」といって、打ち込んだ文章を送れる機能があるものも。ただ、液晶が小さかったり、保存しておける件数が少なかったりするものも多いので注意が必要。紙代よりもFAX機買う方が高くつくかも…

パソコンで送受信する
実は、パソコンにはFAXの機能がついています。

Windows FAX とスキャン

Macでも、「プリントとファクス」で送受信可能。

でも、最近のPCは電話線が繋がらないですよね。FAXモデムを別途用意する必要があります。USBに刺して使えるFAXモデムが3,000円~くらいで購入できます。

正しく設定するのは大変ですし、パソコンを24時間繋いでおけない人も多いと思います。

FAXソフトを利用する
2万円~4万円程度で購入できるFAXソフトというものもあります。電話回線を繋いだパソコンにソフトをインストールして、サーバーにします。便利な機能がいろいろついていて、外出先からも送受信できたりしますが、こちらも相当敷居が高いですね…

インターネットFAXを使う←オススメ
これまで紹介した方法は、いずれも電話線が必要でした。
ネット回線を使ったファックスなら、電話回線の料金がかからないのでかなり安くなります。
それがインターネットFAXです。
メールを使って送受信できるので、外出先でスマホや携帯で使えます。受信はPDF。最近は携帯でも問題なくPDFは見れますよね。
ただ、ネットファックスを使う場合、登録するサービスから提供される番号を利用しなくてはなりません。
今持ってる番号をそのままネットファックスに移行することができないんですね。
なので、番号が電話と兼用だった場合などは、これまでどおりに受信しつつ、送信にはインターネットFAXを使うというのもひとつの方法です。
FAX専用に回線を引いていた場合は、時間をかけてでもネットFAXに切り替えれば、かなりの経費削減になります。

いくつかサービスがあるのですが、全国の市外局番から番号が選べるeFaxがおすすめです。→eFax(世界のユーザー数1,100万人)
iPhone、Androidのアプリもあって便利です。月額955円(税抜き)で、送信150枚・受信150枚まで無料。

こちらもどうぞ→インターネットFAXの仕組み

カテゴリー: 倹約家を目指せ   パーマリンク

コメントは受け付けていません。